--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/01 (Fri) 映画化
昨日、ふと携帯のニュースを見てびっくりしました。
『ノルウェイの森』が、ついに映画化されるんですね。

監督は、『夏至』、『シクロ』、『青いパパイヤの香り』などの
フランス映画で知られる、ベトナム出身の監督。
(ベトナム戦争から逃れるためにフランスに移住したそうです。)
特に『シクロ』は観たかった映画なので、これを機に観てみようと思います。

『ノルウェイの森』は私が村上春樹の作品を読み始めたきっかけの作品なので、
何か、嬉しいような、複雑な気分。
でも監督がフランス映画の監督って聞いて何となく納得。
とにかく、キャストが気になる…。
村上さんも、思い入れのある作品って言ってたので、
きっと変なことにはならないと思うけど。


以下、yahooニュース7月31日より。

 日本での累計発行部数870万部を誇る村上春樹の大ベストセラー小説「ノルウェイの森」(講談社)が、映画化されることが分かった。フランスの俊英トラン・アン・ユン監督がメガホンをとり、2009年2月のクランク・インを目指している。
 世界的に評価されている村上文学の中でも、その人気と地位を不動のものにした記念碑的な作品「ノルウェイの森」が、1987年の初版から21年の時を経て、ついにスクリーンにお目見えする。
 高校時代に親友を自殺で失った「僕」が主人公。あらゆる物事と距離を置いて大学生活をおくりながら、親友の恋人だった直子、同じ学部の緑らとの出会いを通して生と死、喪失と再生などを淡々と見つめていく切ない恋愛叙情詩だ。
 その人気は日本だけにとどまらず、世界36の言語で翻訳出版され世界的ベストセラーに。熱烈なファンの1人が、95年に『シクロ』でヴェネチア国際映画祭の金獅子賞(グランプリ)を獲得するなど、こちらも世界的な注目を集めていたユン監督だった。
 フランス語版を読み、「青春の満たされない渇望、過激な主張、死の選択、大人に向かう道程など、だれもがたどる人生の経験を描いた作品」と心酔。日本人俳優による日本での映画化を思い立ったという。
 
 具体的に動き始めたのは、01年『夏至』の日本公開がきっかけ。配給したアスミック・エースのスタッフを通じて、同じく映画化を構想していた同社の小川真司プロデューサーと知り合い、村上との交渉に向かった。
 「自分にとっても特別な作品であり、映像化は無条件でOKというわけにはいかない」という姿勢だった村上だが、ユン監督の作品が好きだったこともあり企画開発がスタート。ユン監督は自ら執筆した脚本を村上に提示し、その度に修正、改訂を加える熱意でアピール。その間に、フジテレビも製作に加わることが決まり、そしてこのほど実現にこぎつけた。
 現在も脚本の改稿を重ねており、同時に日本でもロケ・ハンを進めているという。ユン監督は、「原作は力強く繊細であり、激しさと優雅さが混とんとしていて、官能的かつ詩情にあふれている。つまり、映画化するための数多くの幅広い題材を内包しているのです。この作品を映画化したいと直感したことが、原作の素晴らしさと豊かさの正当な評価につながると信じています」と意欲を見せている。
 今後、スタッフの選定やキャスティング作業などを進め、来年2月のクランク・インを目指す。公開は2010年を予定。毎年のようにノーベル賞の有力候補に挙げられる村上の代表作だけに、世界中から注目を集めるのは必至だ。


スポンサーサイト

comment

この監督人選は納得!
画面の奥行きのつくりかたに特徴の有る人で
美しい色合いもきっと気に入ると思います。
さあキャストが問題だ。皆で誰がいいとか語り合うと面白いですね。
意外とこういうの、新人が選ばれたりするんですけど。
2008/08/01 16:14 | URL | 大原伸五 [ 編集 ]

→大原さん
確かに、新人さんの方がイメージがついてなくて良い気がします!
キャストについて語りたいですね!
今TSUTAYAが半額なので(笑)この監督さんの作品を早速かりてみることにします♪
2008/08/02 21:37 | URL | kana [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://ka7755.blog60.fc2.com/tb.php/148-bed5302d

プロフィール

ka7755

Author:ka7755
朝晩は涼しく、秋らしくなってきましたね。今年の夏は、やけたようです。結構。最近また外国人に間違えられる率が高くなってきたのもきっとそのせいですね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。